« ゲーリー・コーン社長とトランプ氏が会談 | トップページ | アレッポ東部から3日間で市民2万人が退避 »

2016年12月 1日 (木)

事業からの完全撤退を利益相反の懸念受けトランプ氏が宣言

 

 ドナルド・トランプ次期米大統領(70)は11月30日未明にツイッターで行った連続投稿で、来月15日に記者会見を開き、
   「国家運営」
に全面的に集中するために「すべての偉大な事業から」退く計画を明らかにすると発表した。

 自身の巨大ビジネスが大統領職務と利益相反になるのではとの懸念を払拭する狙いがある。

 世界各国で展開する大規模な不動産・高級ブランド事業を誰が引き継ぐかについては明言を避けた。
 この記者会見には自身の子どもらが出席することも明らかにした。


 
 
       

« ゲーリー・コーン社長とトランプ氏が会談 | トップページ | アレッポ東部から3日間で市民2万人が退避 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 事業からの完全撤退を利益相反の懸念受けトランプ氏が宣言:

« ゲーリー・コーン社長とトランプ氏が会談 | トップページ | アレッポ東部から3日間で市民2万人が退避 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ