« 思うように車が売れない? | トップページ | 「根拠なき悲観」からはおさらばだ »

2016年12月21日 (水)

ドイツの首都ベルリンの無差別攻撃の犯人は逃走中

 

 ドイツの首都ベルリンにあるクリスマスの買い物客でにぎわう
   屋外市場
に大型トラックが突っこんだ事件で、イスラム教過激派軍事組織「イスラム国(IS)」とつながりのある「アマーク通信」が20日、「作戦を実行したのはISの戦士だ」と伝えた。

 この事件を引き起こした理由として
   「ISと戦う有志連合国」
の国民を狙えというわれわれの呼びかけに応じたものだと主張した。

 ただ、この事件をめぐっては、ドイツの捜査当局がいったん拘束していたパキスタン出身とみられる男性は、事件への関与を裏付ける十分な証拠がないとして釈放した。

 

実行犯はいまだに逃走しているとして行方を追っている。

 
 

ひとこと

 この事件のISの関与は不明だが、プロパガンダとして、関連性の薄い事件も利用して成果を誇張しているようにも見える。
 イラクやシリアでの敗北が続いており、パルミラなどで奪還が一時で来たものの、兵站線間脆弱であり、短期で駆逐できるだろう。

 
 
     

« 思うように車が売れない? | トップページ | 「根拠なき悲観」からはおさらばだ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドイツの首都ベルリンの無差別攻撃の犯人は逃走中:

« 思うように車が売れない? | トップページ | 「根拠なき悲観」からはおさらばだ »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ