« 雇用創出はトランプ流の「保護主義」では不可能 | トップページ | 素人政治家によるリスクが米国経済を脅かす »

2017年1月26日 (木)

抜本的な改革が実施されれば、米ドルの上昇率ははたやすく10-20%に達する可能性

 

 カナダのモントリオール銀行の外為戦略グローバル責任者
   グレッグ・アンダーソン氏(ニューヨーク在勤)
はメディアの取材で
   法人税制の緩やかな改革
が推し進められた場合、米ドル相場は今年、貿易加重ベースで恐らく2-4%上昇すると予想していると述べた。

 また、抜本的な改革が実施されれば、米ドルの上昇率ははたやすく10-20%に達する可能性もあると指摘した。

 
     

« 雇用創出はトランプ流の「保護主義」では不可能 | トップページ | 素人政治家によるリスクが米国経済を脅かす »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 雇用創出はトランプ流の「保護主義」では不可能 | トップページ | 素人政治家によるリスクが米国経済を脅かす »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ