« EU離脱で議会承認の必要かどうかの判断は24日に言い渡す見込み。 | トップページ | 国連総長に巨額の裏金(韓国)? »

2017年1月19日 (木)

12地区連銀の大半は労働市場のタイト化が続くと予想

 

 米国連邦準備制度理事会(FRB)が18日公表 した
   地区連銀経済報告(ベージュブック)
によれば、経済は昨年11月遅 くから年末にかけて
   緩慢なペース
での拡大が続いた。

 労働市場のタイト 化が、より広範な賃金と物価の上昇を後押ししたという。

 ベージュブックによれば、企業や各業界は今年の経済成長を楽観しているようだ。
 雇用の伸びはわずか、ないし緩やかと報告された。

 また、12地区連銀の大半は労働市場のタイト化が続くと予想した。

 
   

« EU離脱で議会承認の必要かどうかの判断は24日に言い渡す見込み。 | トップページ | 国連総長に巨額の裏金(韓国)? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12地区連銀の大半は労働市場のタイト化が続くと予想:

« EU離脱で議会承認の必要かどうかの判断は24日に言い渡す見込み。 | トップページ | 国連総長に巨額の裏金(韓国)? »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ