« 債券の借り換えの起債 | トップページ | 12地区連銀の大半は労働市場のタイト化が続くと予想 »

2017年1月19日 (木)

EU離脱で議会承認の必要かどうかの判断は24日に言い渡す見込み。

 

 英国の最高裁は18日、欧州連合(EU)離脱をめぐり、英国政府が正式な離脱手続きを開始するには
   議会承認
が必要かどうかが問われた訴訟の判決を24日午前9時半(日本時間同日午後6時半)に言い渡すと発表した。

 この訴訟で下級審のロンドン高等法院は昨年11月、原告の投資家らの主張を認め、手続き開始には議会承認が必要との判決を下した。

 

 政府側はこれを不服として上訴していた。
 最高裁は12月に4日間の審理を行った。

 最高裁が高等法院の判断を支持した場合、政府は
   離脱手続き開始
に関する法案を議会に提出する形で承認を得るとみられる。

 メイ首相は3月末までにEUに正式な離脱通告を行い、交渉を開始する意向をしめしているが議会承認のため日程が遅れる可能性もある。

 
 
   

« 債券の借り換えの起債 | トップページ | 12地区連銀の大半は労働市場のタイト化が続くと予想 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 債券の借り換えの起債 | トップページ | 12地区連銀の大半は労働市場のタイト化が続くと予想 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ