« 都合の良い者を起用する姿勢は問題が大きい。 | トップページ | 債券購入プログラムへの変更を1月13日から実施(ECB) »

2017年1月12日 (木)

人民元の下落圧力を解放しなければ中国の金融政策は厳しい状況に陥る。

 

 中国の国家発展改革委員会(発改委)傘下の国家情報センターでチーフエコノミストを務める

   祝宝良氏(北京在勤)
はメディアの取材で人民元の下落圧力を解放しなければ中国の金融政策は厳しい状況に陥るだろうと指摘した。
 
 元の下落を容認することで国内のリスクを減らし、世界的なリスクへの波及を食い止めることができるとの認識を示した。
 
 
 
 
   

« 都合の良い者を起用する姿勢は問題が大きい。 | トップページ | 債券購入プログラムへの変更を1月13日から実施(ECB) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 都合の良い者を起用する姿勢は問題が大きい。 | トップページ | 債券購入プログラムへの変更を1月13日から実施(ECB) »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ