« 12地区連銀の大半は労働市場のタイト化が続くと予想 | トップページ | 自由な発言を封じる中国 »

2017年1月19日 (木)

国連総長に巨額の裏金(韓国)?

 

 韓国の週刊誌「時事ジャーナル」(電子版)がは次期大統領選出馬に意欲を見せている国連の
   潘基文事務総長
が韓国外交通商相だった05年に20万ドル(約2350万円)、07年の事務総長当時には3万ドル(約350万円)の裏金を実業家
   朴淵次・元泰光実業会長
から受け取っていたとの疑惑を報じた。

 潘氏側は同誌の取材に「一顧の価値もない」と全面否定した。
 また、実業家も「金を渡したことはない」と主張している。

 

 朴氏は盧武鉉元大統領の後援者で、08年に
   不正資金提供事件
で検察に逮捕された。

 

盧氏は09年5月、捜査の渦中で自殺している。

 

当時、検察は捜査の過程で潘氏への資金提供疑惑もつかんだが、事務総長退陣を余儀なくされる恐れがあったため、伏せられたと同誌は報じた。

 これに対し、最大野党「共に民主党」は25日、徹底究明を要求した。
 調査によっては大統領選の行方に影響を与える可能性もある。

  
    

« 12地区連銀の大半は労働市場のタイト化が続くと予想 | トップページ | 自由な発言を封じる中国 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国連総長に巨額の裏金(韓国)?:

« 12地区連銀の大半は労働市場のタイト化が続くと予想 | トップページ | 自由な発言を封じる中国 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ