« 巨大企業の経営者らは警戒心を持って対応に苦慮 | トップページ | トランプ・トレード が裏目 »

2017年1月31日 (火)

サリー・イエーツ司法長官代行を解任

 

 米国のドナルド・トランプ大統領は30日、オバマ政権時代の副長官だった
   サリー・イエーツ司法長官代行
を解任した。

 同長官代行はスタッフへのメッセージで
   入国制限
に関する大統領令は司法省の「常に正義を求め、正しいものの側に立つという厳粛な義務」と一致しないと述べていた。

 

  イエーツ氏は同メッセージで、トランプ大統領令は違法であり、これを擁護することは司法省の責任と矛盾すると確信していると述べた。

 また、解任される数時間前に声明を出し、「私が司法長官代行である限り、そして同大統領令の擁護が正しいと私が確信するまでは、司法省が擁護することはない」と表明していた。

 ホワイトハウスの
   スパイサー報道官
は文書で、イエーツ長官代行の解任を明らかにした。

 同長官代行は「米国市民を守るための大統領令の執行を拒み、司法省に背いた」と指摘した。 

 発表資料によれば、トランプ政権は後任にブルックリン連邦地検の
   ダナ・ボエンテ検事正
を指名した。

  トランプ氏は司法長官に
   ジェフ・セッションズ氏
を指名し、現在、上院で承認プロセスが進んでおり
   上院司法委員会
は31日にセッションズ氏指名に関する審議・採決を行う予定という。
 

 セッションズ氏は1986年には連邦判事に任命されたが上院が白人至上主義の秘密結社クー・クラックス・クラン(KKK)に思想が近く
   人種差別主義者
の疑惑があるとして承認を拒否した。

 ホワイトハウスのショート報道官によると、ボエンテ氏はイエーツ氏解任が発表される直前の米東部時間30日午後9時(日本時間31日午前11時)前後に司法長官代行に宣誓就任した。

 
   
   

« 巨大企業の経営者らは警戒心を持って対応に苦慮 | トップページ | トランプ・トレード が裏目 »

タイムライン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サリー・イエーツ司法長官代行を解任:

« 巨大企業の経営者らは警戒心を持って対応に苦慮 | トップページ | トランプ・トレード が裏目 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ