« 利上げの姿勢は予想ほど積極的ではなかった | トップページ | インフレの動向が2%弱を目指すECBの目標に沿っていると考える条件 »

2017年1月20日 (金)

インフレへのリスクバランスは転換しつつある

 

 欧州中央銀行(ECB)は19日
   量的緩和(QE)プログラム
の下での債券購入について昨年12月の決定通りで継続することを決め、インフレの回復が持続するかを見極める姿勢を明らかにした。

 政策委員会では先月の決定を再確認した。

 

月々の購入額は4月以降、600億ユーロ(約7兆3300億円)と3月までの800億ユーロから減らすとのこと。

 政策金利の据え置きも決めており、リファイナンスオペの最低応札金利はゼロ、中銀預金金利はマイナス0.4%で維持する。

 

 ドラギ総裁は前回の決定後
   デフレの脅威
はほぼ去ったと言明した。

 ユーロ圏のインフレ率には回復の兆しが見られ
   クーレ理事
も先月、インフレへのリスクバランスは転換しつつあると発言した。

 

昨年12月のインフレ率は1.1%と前月の2倍強だった。
 なお、ECBはインフレ目標を2%弱として目指している。

  
  

« 利上げの姿勢は予想ほど積極的ではなかった | トップページ | インフレの動向が2%弱を目指すECBの目標に沿っていると考える条件 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インフレへのリスクバランスは転換しつつある:

« 利上げの姿勢は予想ほど積極的ではなかった | トップページ | インフレの動向が2%弱を目指すECBの目標に沿っていると考える条件 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ