«  欧州連合(EU)離脱で英国議会の承認 を得る必要 | トップページ | 昨年12月の米中古住宅販売件数は、市場の予想以上に減少 »

2017年1月25日 (水)

ダコタ・アクセスとキーストーンXLの両パイプラインの建設プロジェクトを推進させる2つの大統領令に署名

 米国の石油輸送会社    エナジー・トランスファー・パートナーズ による38億ドル(約4300億円)規模の    ダコタ・アクセス      (全長1172マイル=1886キロメートル) はオバマ前政権がノースダコタ州のオアヒ湖周辺での作業を停止した昨年9月以降、プロジェクトが止まっている。    トランプ大統領は24日、ノースダコタの油田地帯から原油を輸送するためのダコタ・アクセスとキーストーンXLの両パイプラインの建設プロジェクトを推進させる2つの大統領令に署名する予定であることが、この事情に詳しい関係者がメディアの取材で明らかにした。  この大統領令は、ダコタ族など先住インディアンの居留地における飲み水となっている水源付近を通ることから環境破壊等を引き起こすとして議論を呼んでいる。    この署名がされると両パイプラインをめぐって、オバマ前政権の対応からの大きな離脱を意味する。      トランプ大統領は石油業界に対し、より自由にインフラを拡大させる意向としており、今回の動きはそうした方針を具体的に示す例となる。           

«  欧州連合(EU)離脱で英国議会の承認 を得る必要 | トップページ | 昨年12月の米中古住宅販売件数は、市場の予想以上に減少 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

«  欧州連合(EU)離脱で英国議会の承認 を得る必要 | トップページ | 昨年12月の米中古住宅販売件数は、市場の予想以上に減少 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ