« 韓国亡命の前北朝鮮公使ら暗殺を警戒し活動を中止 | トップページ | マクロン前経済相とバイル氏が共闘 »

2017年2月22日 (水)

2月の独企業景況感指数は予想に反して前月から上昇

 

 ドイツのIfo経済研究所がまとめた2月の独企業景況感指数は予想に反して前月から上昇した。

 

ドイツ連邦銀行(中央銀行)ではドイツ経済が今年初めに勢いを増したと見込んでいる。

 Ifo経済研が22日発表した2月の独企業景況感指数は
   110.0(前月 109.9)
に上昇した。 

 事前調査によるとエコノミスト予想値は109.6だった。

 米国の経済政策や英国の欧州連合(EU)離脱交渉、フランス大統領選などの政治イベントが勢いをそぐ可能性はある。 

 

2016年に5年ぶり高成長を遂げた独経済は、今年もユーロ圏をけん引するとみられている。

 

 独連銀は月報で、「極めて堅調」な受注を考慮すると、力強い経済の勢いが見込まれ、これが輸出にも反映されるだろうと分析している。

 

2017年1-3月(第1四半期)も成長が強まるとの見通しを示した。

 また、2月の現況指数は118.4(前月 116.9)に上昇した。
 期待指数は104.0(前月 103.2)に上昇した。

 
    

« 韓国亡命の前北朝鮮公使ら暗殺を警戒し活動を中止 | トップページ | マクロン前経済相とバイル氏が共闘 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月の独企業景況感指数は予想に反して前月から上昇:

« 韓国亡命の前北朝鮮公使ら暗殺を警戒し活動を中止 | トップページ | マクロン前経済相とバイル氏が共闘 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ