« 受信料に見合った質が伴わない組織など法律で保護する必要などない。 | トップページ | NYでトランプ支持派、反対派がにらみ合い。米国の分断の根深さを証明する形。 »

2017年2月 6日 (月)

製造業の重要性を理解していない国家は滅ぶ

 

 米国の初代財務長官
   アレクサンダー・ハミルトン
は、独立を果たしたばかりの米国が
   自国を守るための武器製造の能力
を確保したいと考え、通商・経済政策において
   製造業の重要性
を指摘し、政府による奨励を望んでおり、ハミルトンが用いたような
   輸入代替戦略
を通じてその実現を目指している。

 米国経済の構造をそうした方向に向かう意向と見受けられると語った。

 

 また、高めの輸入関税率も支持したものの政策的に見れば
   幼稚産業への補助金給付
に主な重点を置いていた。

 これに対しトランプ氏が目標とするのは経済成長の押し上げと、雇用創出の加速と軸を同じくしているために補助金よりも関税の方が強調されている。

 トランプ氏は、「米国第一主義」の通商政策アプローチを取っており、中国が長年にわたり追求してきた戦略をまねている形である。

 これまで中国政府はサプライチェーンの刷新を通じて製品部品の国内生産を増やすという、トランプ氏が現在採用しようとしているやり方を推し進めてきた。

 
   

« 受信料に見合った質が伴わない組織など法律で保護する必要などない。 | トップページ | NYでトランプ支持派、反対派がにらみ合い。米国の分断の根深さを証明する形。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 製造業の重要性を理解していない国家は滅ぶ:

« 受信料に見合った質が伴わない組織など法律で保護する必要などない。 | トップページ | NYでトランプ支持派、反対派がにらみ合い。米国の分断の根深さを証明する形。 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ