« NYでトランプ支持派、反対派がにらみ合い。米国の分断の根深さを証明する形。 | トップページ | 「輸入代替プラス」の手法 »

2017年2月 6日 (月)

トランプ氏の「プーチン氏を尊敬」発言に共和・民主両党からブーイング

 

 米国大統領のドナルド・トランプ氏が5日米FOXニュースの
   ビル・オライリー氏
の番組に出演し、ロシアの
   ウラジーミル・プーチン大統領
を「尊敬する」と述べ、米国のジャーナリストや反体制派の暗殺、ウクライナへの軍事介入を軽視するような考えを示したことから、外交関係や政治情勢が理解できていないお粗末さが露呈し、共和・民主両党の議員らから非難の声が上がった。

 

 なお、プーチン大統領を「尊敬している」と語ったうえ「多くの人々を尊敬しているが、だからといってその人たちと仲良くするわけではない」とも付け加えた。

 また、ジャーナリストや反体制派の超法規的な殺人にプーチン氏が関与しているとされることについて詰問されると、「われわれにも多くの殺人者がいる。われわれの国が潔白だと思うか?」と切り返した。

 

 トランプ氏の発言に対し、共和党上院トップの
   ミッチ・マコネル上院院内総務
はCNNテレビで「ロシアのやり方と米国のやり方を同等に扱ってよいとは思わない」と反論した。

 プーチン氏については、KGB(ソ連国家保安委員会)の元工作員で、悪党であり、大半の人々が信頼できると考える選挙で選ばれたわけではないと指摘した。

 

 また、元駐ロシア米国大使でバラク・オバマ前大統領の顧問を務めた
   マイケル・マクフォール氏
もツイッター(Twitter)で「トランプ氏が米国とロシアにはどちらにも道義があると言い立てるのはうんざりする」と批判した。

 
 

ひとこと

 米国民に対立関係を構築させ、国力を低下させることが懸念されているお騒がせ大統領に、媚びに出向く日本政府は「女衒外交」をそろそろ止めたらどうか。

 

   

« NYでトランプ支持派、反対派がにらみ合い。米国の分断の根深さを証明する形。 | トップページ | 「輸入代替プラス」の手法 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« NYでトランプ支持派、反対派がにらみ合い。米国の分断の根深さを証明する形。 | トップページ | 「輸入代替プラス」の手法 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ