« 米ドルが一時の下げを埋める展開 | トップページ | 北朝鮮が外交攻勢? »

2017年2月28日 (火)

金融当局は「市場の期待」に過剰な注意を払うべきではない。

  

 ダラス地区連銀の
   カプラン総裁
が、金融当局は市場の期待に過剰な注意を払うべきではないと発言した。

 その後、市場での3月の利上げ確率が50%超に上昇した。
 これを手掛かりに米国債利回りは急速に上げた。

 
     

« 米ドルが一時の下げを埋める展開 | トップページ | 北朝鮮が外交攻勢? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金融当局は「市場の期待」に過剰な注意を払うべきではない。:

« 米ドルが一時の下げを埋める展開 | トップページ | 北朝鮮が外交攻勢? »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ