« 11ページの文書草案はメディアの知るところになり、目論見は潰れた? | トップページ | 外交問題に発展 »

2017年2月20日 (月)

共同捜査を提案?

   
 北朝鮮の
   康哲駐マレーシア大使
は20日午後、大使館前で記者会見を開き、金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄
   金正男氏
の暗殺事件について「マレーシア警察の捜査を信用できない」と一方的に非難した。
 
 また、真相解明に向けマレーシア警察との共同捜査を提案したと説明した。 
 
 また旅券から男性を「キム・チョル」と特定したが、その他の名前は知らないと主張し、男性が金正男氏とは認めなかった。 
  
 
 
ひとこと
 
 共同捜査を提案して、これを受け入れれば「偽の証拠」を入れ込む隙を作ることになるだろう。
 逮捕した者への面かいや取り調べへの立ち合いでは暗黙の脅しにもなる。
 
 常套手段として家族等への危害を与えるような圧力を見せつける可能性にも使われるかもしれない。
 
  
 

« 11ページの文書草案はメディアの知るところになり、目論見は潰れた? | トップページ | 外交問題に発展 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 共同捜査を提案?:

« 11ページの文書草案はメディアの知るところになり、目論見は潰れた? | トップページ | 外交問題に発展 »

2020年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ