« 2月の独企業景況感指数は予想に反して前月から上昇 | トップページ | 米国の住宅市場は活況 »

2017年2月23日 (木)

マクロン前経済相とバイル氏が共闘

 

 フランス大統領選挙の無所属候補
   マクロン前経済相
は22日、パリでの記者会見で4月の第1回投票で穏健派の票が割れることを避けるため、同じ中道の
   フランソワ・バイル氏
との共闘に合意したことを明らかにした。

 バイル氏は先に「非常に危険な状況にあり、このような状況では例外的な対応が必要だ」とし、「マクロン氏は極めて優秀だ」と述べていた。

 フランス南部の街、ポーの市長を務めるバイル氏(65)は2007年の大統領選挙に出馬し第1回投票で18.6%の支持を得たものの、わずかな差で決選投票進出を逃していた。

 

12年にも出馬したが9.1%に低下し、最近の支持率調査では5%前後にとどまっていた。

 混戦模様の今年の大統領選挙では、同じ中道のマクロン前経済相にとって脅威となり得る存在だった。

 バイル氏は会見で、「恐らく私が犠牲になるのだろうが、事態の重大さを行動に反映させなければならない時がある。票が割れることは状況を悪化させるだけだ」と語った。

 バイル氏の会見を受けてフランス国債は上昇した。


   

« 2月の独企業景況感指数は予想に反して前月から上昇 | トップページ | 米国の住宅市場は活況 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マクロン前経済相とバイル氏が共闘:

« 2月の独企業景況感指数は予想に反して前月から上昇 | トップページ | 米国の住宅市場は活況 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ