« 大統領の地位にあれば、セールストークは通用せず、その場限りの発言では済まない。 | トップページ | 警戒中の女性兵士から銃を奪おうとした男が別の兵士に射殺される事件 »

2017年3月20日 (月)

日本の「失われた20年」はウソ泣き?

 

 中国国務院直属の中国外文出版発行事業局(略称:中国外文局)が管理・運営するニュースサイト
   中国網
はこのほど、「失われた20年、日本の空泣きか」との記事を掲載した。

 日本経済は1980年代後半をピークとし低迷を続けている。
 しかし、日本は今も非常に豊かな先進国だと前置きしたうえ、日本の2015年のGDP(国内総生産)は世界3位の
   4兆8000億ドル
で、1人平均GDPは3万2480ドルと世界トップレベルだと記述した。

 対外純資産は339兆円で世界一、個人金融資産は1700兆円以上で世界一だと伝えた。

 また、外貨準備高を見ると、日本は中国に抜かれる2006年まで世界一を維持していたなどと言及した。

 こうした数値でも、日本経済が長期低迷しているのは、主に自国の実力を上回る過去の見せかけだけの繁栄と、徹底的に一線を画していないからだと分析した。

 日本経済は「たゆまぬ改革」により、この20年間で日本経済の未来の発展を支えるためかつてないほどのコスト削減と効率向上に取り組み、日本企業のグローバル化と世界市民化を模索している。

 また、持続的かつ積極的な技術の蓄積といった重要条件が形成された分析した。

 日本経済は2009年6月に先進国の中で
   最も早く「底打ち」
し、2009年度にはGDPの下げ幅が縮小した。

 また、2010年度にGDP成長率が3.5%に達しても、政府が声を出さなかった。
 そればかりか、専門家もほとんど論じることもなく、メディアの報道も少なかった。

 そのため、「失われた20年」とは後退したふりをし
   ひそかに前進するための策
の可能性が高いと結論付けた。

 一方で中国においては、実体経済の危機を脱するための策として
   「日本の企業がモデルケースに」
との記事を掲載し、日本は製造業の分野でその主導権を完全には失っていないと分析した。

 日本の製造業は工業社会からポスト工業社会への移行を成功させたとの専門家の声を紹介した。

 中国の企業は利益率の低い、成熟していない産業に大規模な投資を実施している。

 このため、環境が犠牲になって問題が深刻化している。
 また、バーチャル経済の中国社会に対する打撃も重視されるべきどの問題点を列挙した。

 中国で起きている問題などは日本では起きていないと記述し、中国の実体経済が直面している問題を乗り越えるには
   「法治と実体経済がカギ」
と強調して見せた。

 前者に関して、中国政府は
   知的財産権の保護
   市場競争の秩序保護
を必ず行わなければならないと主張した。

 また、後者に関しても、製造業であってもサービス業であっても、商品やサービスの細かい所にまで気を配り、誠実に顧客に対応しなければならないと提言した。

  
 

ひとこと

 z日本経済の全体で見れば、記事の通りだが、内部は大きく変化しており、日本の権益が欧米の国際資本の手に渡ってしまったものが余りにも多い。

 日本の政治家やマスコミの扇動的な情報に日本国民が踊った結果だ。

 企業情報は金融機関や証券会社を配下に加えたことで、思うがままに手にいれている。
 企業の内部に貯めこんだ内部留保金は円高に伴う海外進出という手法や企業のM&Aの資金として使われたが、高値での購入などもあり大きな損失を内部に秘めている。

 資金を海外に移動させる手法により設備や技術などを手に入れることが可能となっており、不景気や企業の工事の遅れで莫大な負債を生じさせ、清算に追い込まれて企業決算も出来ないところも出てきた。

 単純に見ると大きな誤りを生じることになる。

 日本のマスコミは真実は伝えるにしても、情報の組み立てや情報量の多寡により情報操作を行うことも可能であり、欧米国際資本の思うがままの報道が繰り返され、日本国民の意識に定着して思考がコントロールしやすくされてしまった。

 市民運動や市民活動家の多くが、こうした手法でコントロールされているが、本人たちは当然感じることもないだろう。

 これはマスコミも同じであり、使えそうなツールを取捨選択して組み合わせて使っているもので、当人たちは相互関係で操り人形となって活動しているのが実態だが、こうした指示があることは意識が出きるものではないため解らない。

 集団ヒステリックを作りだすのと同じで、情報をコントロールしながら組み立て、相互に牽制或いは協力するように仕向けて行動や発言をさせていくものだ。

 
    

« 大統領の地位にあれば、セールストークは通用せず、その場限りの発言では済まない。 | トップページ | 警戒中の女性兵士から銃を奪おうとした男が別の兵士に射殺される事件 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の「失われた20年」はウソ泣き?:

« 大統領の地位にあれば、セールストークは通用せず、その場限りの発言では済まない。 | トップページ | 警戒中の女性兵士から銃を奪おうとした男が別の兵士に射殺される事件 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ