« 既定のEU本部として、アイルランドのダブリンを想定 | トップページ | 積極的な引き締め軌道を望むタカ派の期待は裏切られ米ドルが全面安 »

2017年3月16日 (木)

グラス・スティーガル法 の復活を約束

 

 米国大統領の
   ドナルド・トランプ氏
は、昨年の選挙戦で「21世紀版」の
   グラス・スティーガル法
の復活を約束し、ウォール街を不安にさせた。

 このグラス・スティーガル法は大恐慌時代に成立し、商業銀行と投資銀行のファイアウオールを定めたもの。

 スパイサー大統領報道官は、この考えを大統領が引き続き支持していると先週述べた。
 ただ、それがどのようなものになるかトランプ政権の当局者はこれまで説明していない。


    

« 既定のEU本部として、アイルランドのダブリンを想定 | トップページ | 積極的な引き締め軌道を望むタカ派の期待は裏切られ米ドルが全面安 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グラス・スティーガル法 の復活を約束:

« 既定のEU本部として、アイルランドのダブリンを想定 | トップページ | 積極的な引き締め軌道を望むタカ派の期待は裏切られ米ドルが全面安 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ