« ユーロ圏の景況感指数は3月に予想に反して低下 | トップページ | ドイツの失業率は5.8% »

2017年3月31日 (金)

FRBが保有証券の再投資政策を今年中に変更することに異論はない

 

 クリーブランド地区連銀の
   メスター総裁
は30日の講演で経済が私の想定する通りに進展した場合、米連邦準備理事会(FRB)が保有証券の再投資政策を今年中に変更することに異論はないと述べた。

 

利上げについては、米景気の堅調さが続いているとして「毎回の米連邦公開市場委員会(FOMC)で政策金利を引き上げる必要はないものの、過去2年間のような年に1度よりは多くあるべき」との認識を示した。

  

 なお、メスター総裁は今年のFOMCで金融政策決定の投票権を持たない。

 

市場では金融政策の運営についての姿勢は利上げに前向きな「タカ派」とみられている。

 
 
  

« ユーロ圏の景況感指数は3月に予想に反して低下 | トップページ | ドイツの失業率は5.8% »

トレンドライン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« ユーロ圏の景況感指数は3月に予想に反して低下 | トップページ | ドイツの失業率は5.8% »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ