« 北部モスル西部の州庁舎を奪還 | トップページ | トランプ政権の政策に懸念 »

2017年3月 8日 (水)

為替相場の変動が急拡大する可能性

 

 経済開発協力機構(OECD)は7日発表した
  世界経済見通し
では、株式相場の強さはトランプ政権の
   景気刺激パッケージ
への期待に基づいている部分があり、株価評価と実体経済の見通しに「ずれ」があると分析しているようだ。

 OECDは為替相場の変動が急拡大する可能性にも言及した。

 このリスクは直ちに顕在化しないかもしれないが、現実味のある可能性であり続けている。

 複数の大きな衝撃が互いに作用し合うことによって
   回復を腰折れ
させる恐れがあると分析した。。 
 
 

ひとこと
 
 株価評価と実体経済の見通しの修正では誰がケツを持つのだろう。

 愚かな政治家のリップサービスのために日本が負担する役割では話にもならない。 
 
 
      

« 北部モスル西部の州庁舎を奪還 | トップページ | トランプ政権の政策に懸念 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 為替相場の変動が急拡大する可能性:

« 北部モスル西部の州庁舎を奪還 | トップページ | トランプ政権の政策に懸念 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ