« 買い手が大挙して市場に戻ってきた | トップページ | FRBが保有証券の再投資政策を今年中に変更することに異論はない »

2017年3月31日 (金)

ユーロ圏の景況感指数は3月に予想に反して低下

 

 欧州連合(EU)の欧州委員会が30日発表した3月のユーロ圏景況感指数は
   107.9(前月 108.0)
となったものの、依然として2011年以来の高水準付近にある。

 事前調査でのエコノミスト予想では108.3への上昇だった。

 英国がEU離脱プロセスを開始、ユーロ圏の2大経済であるドイツとフランスが国政選挙を控えるなど2017年が波乱の年となる条件はそろっている。

 ただ、これまでのところ政治的不透明は成長に影響を及ぼしていない。
 3月の消費者信頼感は改善、失業率は低下傾向にある。

 
   

« 買い手が大挙して市場に戻ってきた | トップページ | FRBが保有証券の再投資政策を今年中に変更することに異論はない »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユーロ圏の景況感指数は3月に予想に反して低下:

« 買い手が大挙して市場に戻ってきた | トップページ | FRBが保有証券の再投資政策を今年中に変更することに異論はない »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ