« 米軍の空爆でモスル市民が20万人市外に脱出に成功 | トップページ | 核保有国と主張? »

2017年3月27日 (月)

中国の不動産バブルは終焉

 

 中国メディア財経網は中国社会科学院の元副院長で、国家金融・発展実験室の
   李揚(リー・ヤン)理事長
のインタビュー記事で、中国では現在、十数カ所の都市で住宅価格が上昇しているが、大部分の都市ではもうこれ以上値上がりすることはあり得ないと分析していると報じた。

 

現在の都市ごとの規制政策は
   不動産リスク
に対応する効果的な方法であり、銀行の観点から見てもこれは良いことだと語った。

 ただ、多くの事柄をさらに研究する必要があり、中国の不動産はもうすぐ崩壊して、中国経済の崩壊につながるというというのは言い過ぎだと主張した。

   
 

« 米軍の空爆でモスル市民が20万人市外に脱出に成功 | トップページ | 核保有国と主張? »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国の不動産バブルは終焉:

« 米軍の空爆でモスル市民が20万人市外に脱出に成功 | トップページ | 核保有国と主張? »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ