« 核保有国と主張? | トップページ | OPECの「口先介入」に井力は大きく低下、原油市場はうんざり »

2017年3月27日 (月)

2回利上げ する余地

 

 米国アトランタ地区連銀の
   ロックハート前総裁
は、香港でのブルームバーグテレビジョンとのインタビューで
   「緩やかなペース」
で成長が続くとの少なくとも中期的な見通しについてFOMCはかなり強く楽観していると指摘したうえ、超緩和政策を若干解除し始めるのが適切だと語った。

 

米国経済は完全雇用に「かなり近い」ようで、勢いが加速する公算が大きいことから米連邦公開市場委員会(FOMC)には年内あと
   2回利上げ
する余地があるとの認識を示した。

 

 2月末に退任したロックハート前総裁は、FOMCは後手に回っていないと主張した。
 自らも3月の米利上げを支持していただろうと説明し、失業率4.7%の米経済は完全雇用に「かなり近い」と話した。

 米国内総生産(GDP)伸び率は1-3月(第1四半期)に1%前後と「かなり低い」可能性がある。

 なお、4-6月(第2四半期)以降に加速していく最近数年のパターンが繰り返されるとみているとも述べた。

 
 
    

« 核保有国と主張? | トップページ | OPECの「口先介入」に井力は大きく低下、原油市場はうんざり »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2回利上げ する余地:

« 核保有国と主張? | トップページ | OPECの「口先介入」に井力は大きく低下、原油市場はうんざり »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ