« フェデラルファンド(FF)金利のさらなる調整が適切になる可能性 | トップページ | 武装北朝鮮軍兵士6人が脱北 »

2017年3月 4日 (土)

英国経済が1-3月(第1四半期)に減速した可能性

 

 ロンドン時間外国為替市場でポンドが米ドルに対し6週間ぶり安値を付けた。

 経済指標で2月のサービス業の拡大ペースが5カ月ぶりの低水準だったことが明らかになった。
 英国経済が1-3月(第1四半期)に減速した可能性が高まった。

 ポンドは主要通貨に対しほぼ全面安となっている。

 対米ドルでは6日続落し、メイ首相が単一市場へのアクセスを犠牲にして
   立法権の回復
   移民制限を優先
させる方針を示した1月17日以来の水準まで売り込まれる場面もあった。

 ポンドは米ドルに対し前日比0.3%安の1.2228ドルまで売られている。
 なお、一時は1.2215ドルまで下落した。
 また、ユーロは対ポンドで0.7%高の0.8622ペンスとなっている。

   

« フェデラルファンド(FF)金利のさらなる調整が適切になる可能性 | トップページ | 武装北朝鮮軍兵士6人が脱北 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英国経済が1-3月(第1四半期)に減速した可能性:

« フェデラルファンド(FF)金利のさらなる調整が適切になる可能性 | トップページ | 武装北朝鮮軍兵士6人が脱北 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ