« 景気が過熱していないことを踏まえれば「利上げ」は急ぐ必要はない | トップページ | イラクとシリアの国境付近バイジの三カ所を空爆 »

2017年4月 1日 (土)

北朝鮮製のバイアグラなどの薬の成分リスク

 

 韓国の聯合ニュースによると釜山の金井警察署が30日、北朝鮮製の勃起不全治療薬や健康補助食品を密輸入し、販売した南北交易協力法違反でA容疑者(女性、47歳)などロシア人3人を逮捕したことを伝えた。

 逮捕された3人は、北朝鮮の朝鮮富強製薬が製造した医薬品と健康補助食品6種類205箱を北朝鮮からロシアを通じて郵便で韓国に取り寄せ、SNSなどで密売し、600万ウォン(約60万円)の利益を得ていた容疑が持たれている。

 3人が密売していたのは、勃起不全治療薬で北朝鮮版バイアグラとして知られる「ネオビアグラ」と「陽春三鹿」、あらゆる成人病に効果があると主張している免疫復活剤「クムダン−2」、血栓を溶かすという「血宮不老精」、中期ガンを消滅させるという「東方抗癌素」、「天空神流」という。

 警察が食品医薬品安全処に依頼し、押収した
   薬品の成分分析
を行った結果、一部に 
   局所麻酔剤
が含まれていることが明らかになった。

 なお、心臓病患者が医師の指導なくこれらを服用すると、死に至る危険性がある成分という。

 北朝鮮では、主に中国で自国製の薬品や健康食品を販売している。
 核実験などでイメージが悪化したこともあり、中国での売れ行きが芳しくなかった。 

   
    

« 景気が過熱していないことを踏まえれば「利上げ」は急ぐ必要はない | トップページ | イラクとシリアの国境付近バイジの三カ所を空爆 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮製のバイアグラなどの薬の成分リスク:

« 景気が過熱していないことを踏まえれば「利上げ」は急ぐ必要はない | トップページ | イラクとシリアの国境付近バイジの三カ所を空爆 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ