« イラクとシリアの国境付近バイジの三カ所を空爆 | トップページ | ベトナム商工省  「ベトナム輸出入レポート2016」 を発表。 »

2017年4月 2日 (日)

期待で上昇はそろそろ終焉かも

 

 S&P500種は大統領選投票日の直前からの上昇率が14%に達した。
 2月にはトランプ大統領の成長に向けた政策への金融市場における投資家の期待から大きく上昇した。

 ロバート・W・ベアード(ミルウォーキー)のチーフ投資ストラテジスト
   ブルース・ビトルズ氏
はメディアのインタビューで株式市場だけでなく、経済にも信頼感が戻ってきていると述べ、アメはまだ残っていると続けた。

 ここでいうアメとは税制改革とインフラ投資と指摘し、これらが前面に出てくるまでは、まだうわさで買うという状況だと分析した。

 ただ、31日の市場ではS&P500種は方向感のない展開となった。
 終了前30分にそれまでの上げから反転し、銀行やエネルギーが大きく下げた影響を受け最終的に下げて終了した。

 一方で不動産や公益事業は上昇したが...

 
   

« イラクとシリアの国境付近バイジの三カ所を空爆 | トップページ | ベトナム商工省  「ベトナム輸出入レポート2016」 を発表。 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 期待で上昇はそろそろ終焉かも:

« イラクとシリアの国境付近バイジの三カ所を空爆 | トップページ | ベトナム商工省  「ベトナム輸出入レポート2016」 を発表。 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ