« 政治的リスクが「過小評価されている」可能性 | トップページ | 米ドルが持ち直す展開 »

2017年4月 8日 (土)

シリア上空での米ロの軍事衝突を阻止するのに役立っていた合意が無効

 

 ロシア国際問題評議会の
   アンドレイ・コルトゥノフ所長
はメディアとのインタビューで、これまでロシアはシリア上空での
   偶発的衝突
を回避するための米国との合意を停止したことについて、非常に危険だと指摘した。

 合意はこの難しい状況の中で直接の米ロの軍事衝突を阻止するのに役立っていたと指摘した。

 
 

ひとこと

 戦略てきな判断だろう。シリアの反体制派が劣勢になっている。
 ロシアの支援で勢力を巻き返してきているアサド政権の勢いを殺ぎ米国主導のアラブ連合軍の権益を守る意図がある。

 

中東の支配権をめぐる争いの一環であり、過去の歴史の一コマとも似た状況。 

   

« 政治的リスクが「過小評価されている」可能性 | トップページ | 米ドルが持ち直す展開 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 政治的リスクが「過小評価されている」可能性 | トップページ | 米ドルが持ち直す展開 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ