« 最近の「スプレッドの拡大」への影響は限定的 | トップページ | イスラム過激派の「一番の標的」となり、IS掃討作戦などで米ロ協力が進展する可能性 »

2017年4月 4日 (火)

米国自動車産業は崩壊しかねず。

 

 モーニングスターのアナリスト

   デービッド・ウィストン氏
は、米国自動車の販売減速について「私は以前から減速を予想していた」と指摘した。
 
 「これは驚くべきことではないはずだ。販売がピークに達したら、その後は悪いニュースしかないように思えるものだ」と述べた。
 
  
 
ひとこと
 
 センセーショナルは言葉で国民を煽って変化を期待させるが、実際には素人同然であり、大きな歪を社会に作りだしてしまっている。
 こうした歪が修正しようとする動きでダメージを受けることだろう。
 
 
 
    

« 最近の「スプレッドの拡大」への影響は限定的 | トップページ | イスラム過激派の「一番の標的」となり、IS掃討作戦などで米ロ協力が進展する可能性 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国自動車産業は崩壊しかねず。:

« 最近の「スプレッドの拡大」への影響は限定的 | トップページ | イスラム過激派の「一番の標的」となり、IS掃討作戦などで米ロ協力が進展する可能性 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ