« 勝手気ままな行動の影響は... | トップページ | 顧客に再度照準を合わせる必要 »

2017年4月10日 (月)

単独でシリア攻撃を断行し、中国政府との会談に臨んだ。

 

 米国大統領の
   ドナルド・トランプ氏
は7日、所有する会員制高級リゾート「マールアラーゴ」を利用した中国の
   習近平国家主席
との2日間に及ぶ米中会談の裏で、米国はシリアが化学兵器で多くの民間人を殺害したと会見で述べ
   巡航ミサイル
によるシリア攻撃を断行して見せた。

 なお、会談終了後も貿易や投資に関する協定の発表は行われず
   北朝鮮の核開発
に対処するための合意や南シナ海の緊張緩和に向けた方針も全く示されなかった。

  
 

« 勝手気ままな行動の影響は... | トップページ | 顧客に再度照準を合わせる必要 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 単独でシリア攻撃を断行し、中国政府との会談に臨んだ。:

« 勝手気ままな行動の影響は... | トップページ | 顧客に再度照準を合わせる必要 »

2020年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ