« 雇用情勢は天候にも大きく左右される傾向 | トップページ | 米国による単独行動も辞さないとの意思 »

2017年4月 9日 (日)

中国の投資家がWHを買収する可能性を警戒(米国)

 

 米国のトランプ政権は東芝傘下の米国の原発開発企業
   ウェスチングハウス・エレクトリック(WH)
が破産法適用を申請したことを受け、中国の投資家がWHを買収する可能性を警戒している。

 米国政府は米国または同盟国企業の買い手を探そうとしている。

 なお、WHの破たんについての問題に両首脳が会談で触れることはなかった。

 ロス商務長官は「われわれは非常に注意深く見守っている」と表明した。

 また、ムニューシン財務長官はWHの再生において「そうしたいかなる取引」であれ
   対米外国投資委員会(CFIUS)
による審査が必要となるだろうと指摘した。

 なお、対米投資に絡んだ安全保障問題を扱うCFIUSは、海外投資家への米企業売却を阻止することができる。

 
   

« 雇用情勢は天候にも大きく左右される傾向 | トップページ | 米国による単独行動も辞さないとの意思 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国の投資家がWHを買収する可能性を警戒(米国):

« 雇用情勢は天候にも大きく左右される傾向 | トップページ | 米国による単独行動も辞さないとの意思 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ