« 中国の難民救護は夢物語の類でしかない | トップページ | Seal Team 6(シール・チーム6) »

2017年4月16日 (日)

エアチャイナの平壌路線を閉鎖

 中国中央放送(CCTV)は14日、中国国際航空(エアチャイナ)が17日から北京-平壌(ピョンヤン)路線を中断すると報じた。    故金日成(キム・イルソン)主席の105回目の生誕日(4月15日)、いわゆる「太陽節」を機に北朝鮮が6回目の核実験を強行するのを防ごうという中国の強力な警告とされ「先制的制裁措置」と解釈される。 中国国際航空は北朝鮮の高麗航空を除いて北朝鮮に就航している唯一の航空会社。  毎週月・水・金曜日に北京-平壌を往復してきたCA121便の再運航時点を公開せず、事実上の閉鎖措置を取った。    北京-平壌路線の最後の航空便は14日午後6時(現地時間)に北京に到着した。          

« 中国の難民救護は夢物語の類でしかない | トップページ | Seal Team 6(シール・チーム6) »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エアチャイナの平壌路線を閉鎖:

« 中国の難民救護は夢物語の類でしかない | トップページ | Seal Team 6(シール・チーム6) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ