« 朝鮮半島では「通常戦争」が起こりかねない発火点が多い | トップページ | 目的別に北朝鮮の政府機関が一種の「ターゲット外交」を繰り広げる見込み »

2017年5月14日 (日)

北朝鮮 ミサイルの攻撃能力や精度を向上させ、いずれは核弾頭を積める

 

 国防情報局(DIA)の
   ビンセント・スチュアート長官
は11日米国連邦議会上院情報委員会の聴聞会で、議員からの「北朝鮮の核・ミサイルは米国本土を攻撃できるか」という質問に対し、北朝鮮がICBMを最初から最後まで実験する様子はまだ目にしていないと証言した。

 ただ、実験を繰り返すことにより、ミサイルの攻撃能力や精度を向上させ、いずれは核弾頭を積めることになると答弁した。


      

« 朝鮮半島では「通常戦争」が起こりかねない発火点が多い | トップページ | 目的別に北朝鮮の政府機関が一種の「ターゲット外交」を繰り広げる見込み »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 朝鮮半島では「通常戦争」が起こりかねない発火点が多い | トップページ | 目的別に北朝鮮の政府機関が一種の「ターゲット外交」を繰り広げる見込み »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ