« #防衛ラインの経費負担だが... | トップページ | 中国経済指数が減速 »

2017年5月 1日 (月)

自動車販売の弱さなど個人消費が減速(米国)

 

 米国商務省が28日発表した第1四半期の実質国内総生産(GDP、季節調整済み、年率)速報値は年率換算で
   前期比+0.7%
の増加だった。

 事前調査のエコノミスト予想値では1%増だった。
 なお、前期は2.1%増だったと。

 経済の約70%を占める個人消費は0.3%増と、2009年以来の低い伸びとなった。
 なお、前期は3.5%増だった。エコノミスト予想では1-3月期0.9%増だった。
 ただ、GDP寄与度は0.23ポイントにとどまった。

 

 設備投資は9.4%増と、2013年以来の高い伸び。前期は0.9%増だった。GDP寄与度は1.12ポイントで、特に鉱業探査の分野が好調だった。

 住宅投資は13.7%増と、15年第2四半期(4-6月)以降で最大の伸びとなった。
 前期は9.6%増。寄与度は0.5ポイントとなった。

 在庫投資のGDP寄与度はマイナス0.93ポイントだった。
 前期は1.01ポイントのプラス寄与だった。

 純輸出の寄与度は0.07ポイントだった。
 前期は1.82ポイントのマイナス寄与だった。

 GDP価格指数は2.3%上昇した。
 個人消費価格指数は食品とエネルギーを除いたベースで2%上昇と、4期ぶりの大幅な伸びを示した。


   

« #防衛ラインの経費負担だが... | トップページ | 中国経済指数が減速 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自動車販売の弱さなど個人消費が減速(米国):

« #防衛ラインの経費負担だが... | トップページ | 中国経済指数が減速 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ