« 中国経済指数が減速 | トップページ | 現行の暫定予算が失効する5日以降も政府機関閉鎖は回避される見通し。 »

2017年5月 1日 (月)

米国経済の減速について「心配する理由はない」。

 

 ムーディーズ・アナリティクスのエコノミスト
   ライアン・スイート氏
は米国経済の減速について「心配する理由はない」と述べ、季節調整の問題や消費支出に影響した一時的要因を理由に挙げた。

 

設備投資は「心強い」と指摘し、消費者には「やや疲れが見られるが、第2四半期に持ち直すだろう。鍵になるのは賃金の伸びだ。この先の消費にとっては、力強い賃金の伸びが必要だ」と語った。

 
   

« 中国経済指数が減速 | トップページ | 現行の暫定予算が失効する5日以降も政府機関閉鎖は回避される見通し。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国経済の減速について「心配する理由はない」。:

« 中国経済指数が減速 | トップページ | 現行の暫定予算が失効する5日以降も政府機関閉鎖は回避される見通し。 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ