« 目的別に北朝鮮の政府機関が一種の「ターゲット外交」を繰り広げる見込み | トップページ | 世界規模のサイバー攻撃 »

2017年5月15日 (月)

北朝鮮が新型ミサイルを発射

 

  韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮は平壌の北西部の亀城から14日午前5時27分に
   弾道ミサイル1発
を韓国大統領に今月10日に就任したばかりの
   文在寅(ムン・ジェイン)氏
が北朝鮮に
   融和的な姿勢
を示すなか発射、約700キロ飛行した。

 韓国の文大統領は就任に際して、「条件が整えば」平壌を訪問すると融和政策を提案するような発言をしており、就任早々、甘い対応が北朝鮮を増長させる可能性もあり、北朝鮮への対応で手腕が問われる。

 北朝鮮の動向を監視している米太平洋軍によれば、発射されたミサイルは日本海に落下した。
 このミサイルは大陸間弾道ミサイル(ICBM)とは合致せず、北米大陸に対しては脅威をもたらすものではなかった。

 
         

« 目的別に北朝鮮の政府機関が一種の「ターゲット外交」を繰り広げる見込み | トップページ | 世界規模のサイバー攻撃 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮が新型ミサイルを発射:

« 目的別に北朝鮮の政府機関が一種の「ターゲット外交」を繰り広げる見込み | トップページ | 世界規模のサイバー攻撃 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ