« モスル旧市街に向け進撃 | トップページ | #国家テロ行為? »

2017年5月 5日 (金)

リスクヘッジの米ドル買いは終息

 

 NY時間、外国為替市場では、ユーロが主要10通貨の大半に対して値上がりした。

 

フランス大統領選の決選投票を7日に控え、3日夜に行われた候補2人のテレビ討論会は世論調査にほとんど影響していないようだ。

 

その結果、中道のマクロン前経済相の優勢が維持された。

 これを受け、トレーダーらはユーロに対する弱気な見方を後退させたもよう。
 当然、一方でリスクヘッジでアジア・欧州時間帯に上げていた米ドルは下げに転じた。

 

 また、4月のユーロ圏総合購買担当者指数(PMI)改定値は速報値から上方修正され、欧州域内の経済活動が勢いを増しつつあることが示唆された。

 

 外為市場では、4月の米雇用統計発表を5日に控えて薄商いとなった。

 主要10通貨に対する米ドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は低下した。


     

« モスル旧市街に向け進撃 | トップページ | #国家テロ行為? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リスクヘッジの米ドル買いは終息:

« モスル旧市街に向け進撃 | トップページ | #国家テロ行為? »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ