« 北朝鮮の毎年恒例の冬季訓練が終了後になぜか延長 | トップページ | 北朝鮮問題は米国情報当局の最優先課題 »

2017年5月14日 (日)

所得の先行きを楽観視

  

 5月の米消費者マインド指数(速報値)は所得の先行きを楽観していることが背景となり、
   97.7(前月 97)
と前月比で小幅上昇した。

 事前調査ではエコノミスト予想は97だった。

 また、現況指数は112.7と、前月から変わらず。
 6カ月後の先行き景況感を示す期待指数は88.1(前月 87)と上昇した。

 向こう1年間のインフレ期待値は2.6%(前月 2.5%)に上昇した。

 向こう5-10年間のインフレ期待値は2.3%(前月 2.4%)に低下した。

 
  

« 北朝鮮の毎年恒例の冬季訓練が終了後になぜか延長 | トップページ | 北朝鮮問題は米国情報当局の最優先課題 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 所得の先行きを楽観視:

« 北朝鮮の毎年恒例の冬季訓練が終了後になぜか延長 | トップページ | 北朝鮮問題は米国情報当局の最優先課題 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ