« 債務負担 が軽減されるまでは、ECBはギリシャ国債購入を検討しない | トップページ | 聞く耳を持たない輩には厳重抗議は意味もないこと »

2017年5月30日 (火)

韓国新政権の融和政策を推進させる意向に冷や水

 

 北朝鮮は29日午前5時40分ごろ、東岸の元山(ウォンサン)付近から日本海に向け
   弾道ミサイル
を発射した。

 米国大統領の
   ドナルド・トランプ氏
は北朝鮮のミサイル発射について説明を受けたと、米国家安全保障会議の報道官が明らかにした。

 

 北朝鮮との融和政策を推進させる意向が目立つ韓国の
   文在寅大統領
は国家安全保障会議を招集した。

 
   

« 債務負担 が軽減されるまでは、ECBはギリシャ国債購入を検討しない | トップページ | 聞く耳を持たない輩には厳重抗議は意味もないこと »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国新政権の融和政策を推進させる意向に冷や水:

« 債務負担 が軽減されるまでは、ECBはギリシャ国債購入を検討しない | トップページ | 聞く耳を持たない輩には厳重抗議は意味もないこと »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ