« ロシアのスパイは「類まれな人々」とプーチン大統領が称賛 | トップページ | オバマケア撤廃計画は賛同を得られず頓挫? »

2017年6月27日 (火)

爆買いは終焉

 

 中国共産党中央委員会の機関紙
   人民日報(海外版)
は、米旅行情報サイト「トリップアドバイザー」と中国銀行バンクカードセンターが海外旅行中の食や住、ショッピングなど、中国人観光客の消費トレンドを発表したと伝えた。

 中国人観光客が注目する旅行先の多くが
   ゆっくりとした時間
を過ごすのに適した場所で
   喧しく、忙しい日常
から逃れてリフレッシュできる旅行先が選ばれている。

 2016年に中国人観光客の増加率が高かった都市トップ10は、タイのタオ島、ベトナムのニャチャン、タイのグラビー、モロッコのカサブランカ、タイのサムイ島、ベトナムのファンティエット、モロッコのマラケシュ、フィリピンのドゥマゲテ、ロシアのイルクーツク、そして日本の大阪だった。

 トリップアドバイザーの調べでは、異なる文化を実際に体験する旅行も需要が高まっており、中国人観光客の46%が旅行先を選ぶ理由に
  異文化体験
できることを挙げており、以前のような各地をめまぐるしく回る爆買いを煽るような旅程よりも、地元の生活や文化が体感できるかどうかを重視する動きに変化している。

 グルメも関心が高いものの一つでトリップアドバイザーのアプリを使って検索するレストランの数は毎日平均20軒以上という。

 中国銀行の調べでは、2016年、中国人観光客の飲食関連消費は前年比18%増加し、1回の食事で約350元(約5700円)消費している。

 旅行の経験が増えるにつれ、有名観光地を避け、あまり知られていない場所や特徴のある場所を求める傾向が強くなっている。

 
 

ひとこと

 爆買いは複数回来日するようになっている観光客には余り興味がなくなりつつあるようだ。
 地方の小都市などに流れが変化してきており、金太郎あめ的な観光振興ではなく普通の環境が求められるようになっている。

 東京資本やアドバイザー等による旅館・ホテル施設の食事やアメニティなどの画一的なモデルの押し付けのごときものは、同一の規格を好まない旅行者には顰蹙そのものだろう。

   
    

« ロシアのスパイは「類まれな人々」とプーチン大統領が称賛 | トップページ | オバマケア撤廃計画は賛同を得られず頓挫? »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 爆買いは終焉:

« ロシアのスパイは「類まれな人々」とプーチン大統領が称賛 | トップページ | オバマケア撤廃計画は賛同を得られず頓挫? »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ