« 無謀さ増している北朝鮮を抑制することが必要 | トップページ | 欧州と中国が気候変動に関する共同声明を発表 »

2017年6月 1日 (木)

金融緩和措置が一部引き揚げられてもインフレは加速する

  
 欧州中央銀行(ECB)の政策委員会メンバーの
   バイトマン・ドイツ連邦銀行総裁
はユーロ圏の景気見通し改善を政策ガイダンスに反映させるかどうかの議論を開始すると言明した。

 来週の政策決定を控えて当局者らが発言を慎む期間入り直前の5月31日、景気回復の進展でインフレ率上昇が一過性のものではない可能性がますます高まっていると指摘した。
 
 また、金融緩和措置が一部引き揚げられてもインフレは加速するだろうとの見通しを示した。

 インフレ率については必ずしもECBが設定する2%弱の「目標レンジ」にある必要はないと指摘した。
 それは、物価安定の定義は「中期的で将来的な概念」に基づいているからだと説明した。

 政策委員会の中でも緩和措置に対して最も批判的な1人である。
 

 ただ、ドラギ総裁は、同会合では政策委員会が最近の景気改善を認める以上の大きな展開はないと、市場の期待を鎮めようとしている。

 
  

« 無謀さ増している北朝鮮を抑制することが必要 | トップページ | 欧州と中国が気候変動に関する共同声明を発表 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金融緩和措置が一部引き揚げられてもインフレは加速する:

« 無謀さ増している北朝鮮を抑制することが必要 | トップページ | 欧州と中国が気候変動に関する共同声明を発表 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ