« ユーロ圏のインフレはまだ十分ではないとの認識 | トップページ | 墜落の危険がある出来事 »

2017年6月10日 (土)

問題は需給要因があまり早急には呼応していないこと

 

 USバンク・ウェルス・マネジメントの投資担当シニアストラテジスト
   ロブ・ヘイワース氏(シアトル在勤)
はメディアとのインタビューで原油相場の動きについて、通常の状態に早急に戻り、価格が強く上昇すると投機筋は望んでいると思うと述べ、ただ、問題は需給要因があまり早急には呼応していないことだと指摘した。

 

需要がもっと速く拡大し、供給が早急にはけるとの期待が強かったが、実際にはそうなっていないと続けた。

 
   

« ユーロ圏のインフレはまだ十分ではないとの認識 | トップページ | 墜落の危険がある出来事 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 問題は需給要因があまり早急には呼応していないこと:

« ユーロ圏のインフレはまだ十分ではないとの認識 | トップページ | 墜落の危険がある出来事 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ