« 伽耶史研究と復元作業 | トップページ | 保守党の獲得議席数は過半数に13議席足りない見通し »

2017年6月 2日 (金)

偵察衛星と観測衛星の差はない

 

 北朝鮮の国営メディアの朝鮮中央通信は北朝鮮外務省報道官が2日、日本の準天頂衛星「みちびき」2号機の打ち上げについて、「地球の位置測定の看板の下で北朝鮮を狙った事実上の偵察衛星だ」と非難した。

 その上で、「もはや、われわれが何を打ち上げようと、それが日本の領空を飛び越えようと、日本はとやかく言う資格はないと主張した。

 

 日本の衛星打ち上げを口実に
   長距離弾道ミサイル
の発射実験などを正当化する狙いがあるとみられる。

 
 

ひとこと

 偵察衛星と観測衛星の差はないのは当たり前のこと。

 

北朝鮮が何を主張し、周辺国への攻撃に出たとしても被害はたかが知れており、日本の国体が北朝鮮程度の軍事力で傾くことはない。

 日本の領土に攻撃があれば世論は激変することになり、安保の価値が問われる結果、安保条約の廃止を含めた無用論や日本の核兵器の保有が議論されることになる。

 報道の自由を謳歌した野党政治家やメディアなどは被害に伴い、過去の発言の責任を追求することになるだろう。
 官僚や学者なども発言に対する責任を持たせることが必要だ。
 勝手気ままに発言する自由はあるが、発言に対する責任を放棄した感のあるメディアの世論操作が一番の問題といえる。

 
  

« 伽耶史研究と復元作業 | トップページ | 保守党の獲得議席数は過半数に13議席足りない見通し »

タイムライン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 偵察衛星と観測衛星の差はない:

« 伽耶史研究と復元作業 | トップページ | 保守党の獲得議席数は過半数に13議席足りない見通し »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ