« 勝手にやってくれればいい。 | トップページ | サウド王子が逮捕 »

2017年7月23日 (日)

泥船脱出の成功するかどうか

 

 米国大統領報道官
   ショーン・スパイサー(Sean Spicer)氏
が21日、辞任を表明した。

 ホワイトハウス当局者によると、スパイサー氏の辞任理由は、投資会社創業者
   アンソニー・スカラムッチ氏
        (Anthony Scaramucci)
を新しいホワイトハウスの広報部長に指名したことが背景にあるという。

 なお、スパイサー氏はツイッター(Twitter)で、
   ドナルド・トランプ大統領
のため、そして米国のために働くことができたのは
   「名誉であり特権だった」
と述べ、「8月いっぱいは奉仕を続ける」ことも明らかにした。

 

 これまで米大統領副報道官を務め、スパイサー氏辞任に伴い大統領報道官に就任する
   サラ・ハッカビー・サンダース氏
は、記者陣で埋め尽くされたホワイトハウス記者会見室で、トランプ政権と米国民のために働いたショーン(スパイサー氏)に感謝する。
 私たちはこれまで多くのことを成し遂げてきたが、その功績はごくわずかしか認められていないというトランプ大統領の声明を読み上げた。

 同会見室で初めて発言したスカラムッチ氏だが、記者の質問に対し、政権内の内紛は否定した。
 また、記者陣に対して「ホワイトハウスは軌道に乗っていると思う」と続けた。

 スパイサー氏の辞任はトランプ政権内で緊張が高まっていることを示している。
 昨年の大統領選期間中の
   トランプ陣営
とロシアの共謀疑惑捜査へのホワイトハウスの対応にも影響を与えると見られる。

 ロシアとの共謀疑惑捜査でトランプ大統領の法律家チームの広報を統括していた
   マーク・コラロ氏
もメディアに対して、辞任すると明らかにしている。
 ただ、コラロ氏の辞任理由は公表されておらず、またスパイサー氏も公的には辞任理由に関して沈黙を守っている状況。 

 

ひとこと

 できの悪い報道官が辞職した。
 泥船の構成員の一人だが、早くも逃げ出し追求されるのを避けた感じにも見える。

 マスコミとの良好な関係は見られず、トランプ政権の広報は最低だった。
 政治的な無知さを露呈するトランプ政権の終焉の始まりだ。

 出来もしない夢物語の幕引きは惨めなものになるだろう。
 泥船に残るにしても、脱出するにしても、体についた泥は洗いきれない。

   
   

« 勝手にやってくれればいい。 | トップページ | サウド王子が逮捕 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 泥船脱出の成功するかどうか:

« 勝手にやってくれればいい。 | トップページ | サウド王子が逮捕 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ