« 北朝鮮のICBMが、数年で米西海岸のサンディエゴ海軍基地にまで到達する可能性 | トップページ | 地区連銀経済報告(ベージュブック) »

2017年7月13日 (木)

ヘッジファンド運営会社シタデルにランカスター氏が移籍

 

 ヘッジファンド運営会社シタデル(運用資産額270億ドル=約3兆500億円)の
   ジェラルド・ビーソン最高執行責任者(COO)
は12日のメディアとのインタビューで新たなマクロトレーディング部門設立のため
   コリン・ランカスター氏
しゃバリアズニー・アセット・マネジメントからシタデルに移籍することを明らかにした。

 バリアズニーでグローバル・マクロ戦略責任者とロンドン部門の共同責任者を務めていたランカスター氏は、資産家の
   ケネス・グリフィン氏
が創業したシタデルで年内に勤務を開始する。

 ビーソンCOOはインタビューで、ランカスター氏がプラットフォームのポートフォリオマネジャーとアナリストを引き連れてくる予定で、その管理も行うと話した。

 シタデルの他のビジネスでわれわれが採用する類似のモデルと語り、コリン(ランカスター氏)は、ロンドンを拠点にわれわれにとって第2弾の取り組みをスタートさせることになると続けた。

 ランカスター氏はロンドンで200人超に増強されつつあるチームに加わり、シタデルのマクロ戦略を統括する。

 なお、エドウィン・リン氏が責任者を務める現在のグローバル債券・マクロトレーディング投資部門も米国とロンドンから資金運用を継続するという。

 
   

« 北朝鮮のICBMが、数年で米西海岸のサンディエゴ海軍基地にまで到達する可能性 | トップページ | 地区連銀経済報告(ベージュブック) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヘッジファンド運営会社シタデルにランカスター氏が移籍:

« 北朝鮮のICBMが、数年で米西海岸のサンディエゴ海軍基地にまで到達する可能性 | トップページ | 地区連銀経済報告(ベージュブック) »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ