« 少数の木のを見て、森を見ない政権では話にもならない。 | トップページ | 朝鮮半島や東アジア域内の安全保障状況が厳しくなっている »

2017年8月20日 (日)

トランプ氏は「支持率が20% 割れ」がない限り、大統領の職を辞任しない

 

 米国の債券取引会社
   ダブルライン・キャピタル
の共同創業者で最高経営責任者(CEO)の
   ジェフリー・ガンドラック氏
は18日、メディアとのインタビューで米国大統領の
   ドナルド・トランプ氏
は人気が大幅に低下しない限り恐らく辞任しないとの見方を示した。
 同氏は昨年の米大統領選でのトランプ氏勝利を予想した数少ないマネーマネジャーの1人。

 ガンドラック氏はトランプ氏は
   支持率が20%
を割り込まない限り、大統領の職を辞任しないと思うと述べ、そこまで支持率が下がる可能性は「あまり高くない」とも付け加えた。

 リアル・クリア・ポリティクスがまとめた最近の各種世論調査によると、トランプ大統領の支持率は39%だが、1月の就任当時は44%だった。

 
    

« 少数の木のを見て、森を見ない政権では話にもならない。 | トップページ | 朝鮮半島や東アジア域内の安全保障状況が厳しくなっている »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 少数の木のを見て、森を見ない政権では話にもならない。 | トップページ | 朝鮮半島や東アジア域内の安全保障状況が厳しくなっている »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ