« 身から出た錆 米大統領が諮問委員会を解散 | トップページ | 中国軍 「スマホゲーム」を新たな敵と指摘 »

2017年8月17日 (木)

7月の 住宅着工件数が悪化

 
 

 米商務省は16日、7月の 住宅着工件数(季節調整済み、年率換算)が
   116万戸(前月比-4.8%)
に減少したと発表した。
 アパート建設が大きく落ち込んだほか、一戸建て住宅の着工も小幅に減少した。

 事前のエコノミスト予想値は122万戸だった。
    一戸建ての着工件数は0.5%減、集合住宅は15.3%減だった。
    着工件数の先行指標となる住宅着工許可件数は4.1%減の122万件とマイナスを記録した。

 
    

« 身から出た錆 米大統領が諮問委員会を解散 | トップページ | 中国軍 「スマホゲーム」を新たな敵と指摘 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月の 住宅着工件数が悪化:

« 身から出た錆 米大統領が諮問委員会を解散 | トップページ | 中国軍 「スマホゲーム」を新たな敵と指摘 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ