« セキュリティーエリア内に連れ込み解任 | トップページ | ECBの金融刺激解除 には慎重さが必要 »

2017年8月26日 (土)

短距離弾道ミサイル 2発は約250キロ飛行

 

 米軍は26日、北朝鮮が同日に発射した
   短距離弾道ミサイル
とみられる飛翔体3発について、うち2発は約250キロ飛行したと発表した。

 米軍は当初、今回発射されたのは短距離弾道ミサイル3発だったことを明らかにし、

 このうち2発は「飛行中に不具合を起こした」と述べていた。

 米太平洋軍の報道官はその後、2発は「北東方向に約250キロ飛行した」と発表した。

 また、この報道官は、3発のうち1発は発射の「ほぼ直後」に爆発したものの、いずれのミサイルも北米や米領グアム(Guam)にとって脅威となるものではなかったと述べた。

 今回のミサイル発射により米国大統領の
   ドナルド・トランプ氏
が今週、北朝鮮は米政府を「尊重」し始めているという

   甘い認識
といった発言が聞かれたが情報機関の情報とは異なるもので単なる思い付きの類で発言したのであれば軽すぎるものだ。
 

 全く根拠が乏しく意味のない発言が繰り返されることで事態の悪化は深刻となり、両国間の緊張は再び高まる可能性が高い。

 米韓両軍は今月21日から韓国で
   大規模な合同軍事演習
を行っており、北朝鮮はこれを極めて挑発的な行為と捉えている。

 
   

« セキュリティーエリア内に連れ込み解任 | トップページ | ECBの金融刺激解除 には慎重さが必要 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 短距離弾道ミサイル 2発は約250キロ飛行:

« セキュリティーエリア内に連れ込み解任 | トップページ | ECBの金融刺激解除 には慎重さが必要 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ