« 若い世代を含む顧客を呼び戻そうとする戦略 | トップページ | 新型の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)などの試射を強行したりする恐れ »

2017年8月25日 (金)

「ベンガル人のテロリスト」に対して反撃

 

 ミャンマー北西部ラカイン州で、イスラム系少数民族
   ロヒンギャ
の武装集団が国境地帯にある複数の治安施設を襲撃した。

 ミャンマー軍は25日、この襲撃で治安部隊員12人を含む少なくとも71人が死亡したことを明らかにした。

 

 25日未明に20か所以上の駐在所が、戦闘員150人(推定)らによる銃や手製の爆弾を使った襲撃を受けた。

 同軍は、現在も複数か所で戦闘が続いていると述べ、兵士や警察官らが共同で、ロヒンギャの戦闘員を意味する「ベンガル人のテロリスト」に対して反撃していると述べた。

 一方、同国の事実上の指導者
   アウン・サン・スー・チー国家顧問
の執務室は、治安部隊員12人が死亡し、武装集団側でも戦闘員59人が死亡したと発表した。

 バングラデシュと国境を接するラカイン州では2016年10月、武装集団による国境検問所などへの襲撃が発生している。

 軍が対応に乗り出して厳戒態勢が敷かれている。

 また、ここ数週間、同州の辺境地帯にある村々では、正体が謎に包まれたグループによる殺人が毎日のように発生している。

 緊張が高まる中、ミャンマー軍が部隊を増派し、難民らの新たな流出を招いていた。

 

ひとこと

 英国の植民地政策が引き続き悲劇を生みだしている。
 ビルマ王国を支配するために強制的にビルマ人の土地を取り上げ、その土地にバングラディッシュからロヒンギャ族を移動させたことで、ビルマ人の多くが生活できなくなった。

 民族間の対立軸を利用して植民地政策を推し進める手法は英国が得意としたもので、インドネシアやインドなども同様の手口で植民地化していった。

 
  

« 若い世代を含む顧客を呼び戻そうとする戦略 | トップページ | 新型の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)などの試射を強行したりする恐れ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ベンガル人のテロリスト」に対して反撃:

« 若い世代を含む顧客を呼び戻そうとする戦略 | トップページ | 新型の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)などの試射を強行したりする恐れ »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ