« 犯罪組織トップのロシア人逮捕( スペイン) | トップページ | 6カ国協議の再開に意味があるのか? »

2017年8月10日 (木)

威嚇や恫喝も「張り子の虎」の遠声でしかない。

 

 北朝鮮は米国領グアム(Guam)にある米軍
   戦略軍事施設
周辺に対する攻撃を検討していると威嚇した。

 グアムにはアンダーセン空軍基地(Andersen Air Force Base)とグアム海軍基地(Naval Base Guam)があり、約6000人の兵士が駐留している。

 この威嚇について、グアムの
   エディ・カルボ(Eddie Calvo)知事
は9日、テレビ演説を行い、現在のところ脅威はないと述べたものの
   「いかなる不測の事態」
にも準備はできていると強調した。

 カルボ知事は演説の中で「われわれの安全を確保するため」米政府と連携していると言明した。

 グアムの人々には、現在のところグアムや(北)マリアナ諸島(Northern Mariana Islands)には脅威はないと安心してもらたいと続けた。

 
 

 米国大統領の
   ドナルド・トランプ氏
は、核兵器開発を続ける北朝鮮を強く非難し、同国政府が
   米国への脅し
を続けるのであれば「炎と怒り」で報いを受けることになると警告した。

 その後、北朝鮮はハワイの米軍施設周辺への攻撃を検討していると威嚇し、緊張が高まっていた。

 
   

« 犯罪組織トップのロシア人逮捕( スペイン) | トップページ | 6カ国協議の再開に意味があるのか? »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 威嚇や恫喝も「張り子の虎」の遠声でしかない。:

« 犯罪組織トップのロシア人逮捕( スペイン) | トップページ | 6カ国協議の再開に意味があるのか? »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ