« イラクのクルド自治政府が独立の是非を問う住民投票を実施 | トップページ | 台湾 統一派の活動 が過激化 »

2017年9月27日 (水)

8億8050万ユーロ(約1200億円)の制裁金

 

 欧州連合(EU)はフォルクスワーゲン(VW)のトラック部門
   スカニア
に対し、不正に価格を操作していたとして制裁金
   8億8050万ユーロ(約1200億円)
を科した。

 この談合が指摘された他のトラックメーカーは昨年、価格操作では過去最大となる罰金の支払いでEUと和解していた。

 スカニアの制裁金は価格操作で1社が支払う額としては過去2番目の大きさ。
 この談合でダイムラーに昨年科せられた10億1000万ユーロに次ぐ金額だ。

 EUは昨年、中型・大型トラックの販売で14年間にわたり談合があったとして複数のトラックメーカーに
   合計約30億ユーロの罰金
を科した。

 なお、スカニアはEUの主張を認めず、この件について38億スウェーデン・クローナ(約530億円)の引当金しか積んでいない。

  

 スカニアの広報担当、カリン・ホルスタン氏はメディアとのインタビューで
   価格操作
に関与していないと同社は確信していると発言した。

 EUの最終判断で「重大な新情報がない限り」、不服を申し立てる準備をすると語った。

 
    

« イラクのクルド自治政府が独立の是非を問う住民投票を実施 | トップページ | 台湾 統一派の活動 が過激化 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8億8050万ユーロ(約1200億円)の制裁金:

« イラクのクルド自治政府が独立の是非を問う住民投票を実施 | トップページ | 台湾 統一派の活動 が過激化 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ